絶滅危惧両生類の年齢構成に関する保全生物学的研究

平成26年度の研究を継続し、本州及び沖縄列島に生息する絶滅危惧両生類を対象に、骨組織を用いた年齢査定法(スケルトクロノロジー)によって個体群の齢構成を解析し、生活史の解明の一助とする。

プロジェクト内容については,当該年度の活動報告書をご覧ください.

  • メンバー :
    福山 欣司(代表), 戸金 大
  • プロジェクト期間:
    2016年度プロジェクト [ 2012年度〜継続中 ]

過年度研究プロジェクト

2021年度
2020年度
2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
Page Top