構造および形状制御による多孔体材料の高機能化に関する研究

多孔体材料をナノレベルで構造や形状を制御する方法を開発し,高機能化することにより,多孔体材料の新たな利用法を開発する.

プロジェクト内容については,当該年度の活動報告書をご覧ください.

  • メンバー :
    岡本 昌樹(代表)
  • プロジェクト期間:
    2020年度プロジェクト [ 2019年度〜2020年度 ]

本プロジェクトは終了しました

過年度研究プロジェクト

2021年度
2020年度
2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
Page Top