分子内相互作用を利用した熱安定なフォトクロミック材料の開発

T型フォト クロミック化合物であるサリチリデンアニリン(S心誘導体を用い、 分子内相互作用により光着色体が安定化する分子・結晶設計から、 熱刺激による色変化が起こらない新規P型フォトクロミック材料の開発を試みる。

プロジェクト内容については,当該年度の活動報告書をご覧ください.

  • メンバー :
    杉山 晴紀(代表)
  • プロジェクト期間:
    2019年度プロジェクト [ 2019年度〜2019年度 ]

本プロジェクトは終了しました

過年度研究プロジェクト

2021年度
2020年度
2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
Page Top