対象と事象の知覚体制化に関する実験的検討

日常的な運動事象をとりあげ、様々な関係が知覚される条件について実験現象学の立場から、心理学のみならず、哲学の関連領域の知見とあわせて包括的な検討を行う。

プロジェクト内容については,当該年度の活動報告書をご覧ください.

過年度研究プロジェクト

2021年度
2020年度
2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
Page Top