細胞機能理解のための擬人化の効用(データベース作成に向けたフォーマットの検討)

細胞機能を擬人化して理解するアプローチは、細胞機能の柔軟な理解にブレークスルーを生み出すと予測される。多様な細胞機能データを擬人化手法で整理することを試る。

プロジェクト内容については,当該年度の活動報告書をご覧ください.

本プロジェクトは終了しました

過年度研究プロジェクト

2021年度
2020年度
2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
Page Top