円筒内回転流表面の多角形渦

土星の極域大気には六角形の巨大渦が観測されている。これと似て、円筒内回転流表面にも多角形渦が現れる。これら多角形渦のパターン変化を実験的に観察し、それらの形成機構を物理学的に解明することが、本プロジェクトの目的である。

プロジェクト内容については,当該年度の活動報告書をご覧ください.

  • メンバー :
    下村 裕(代表)
  • プロジェクト期間:
    2014年度プロジェクト [ 0年度〜2014年度 ]

本プロジェクトは終了しました

過年度研究プロジェクト

2021年度
2020年度
2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
Page Top