気液界面を使った球状タンパク質の稠密パッキングの作成

DNAやタンパク質を2次元に配列したデバイスもしくはデバイス作成のための基板表面作りの研究が盛んになっている。本研究では、未変性球状タンパク質の高密度2次元配列作成のための基盤技術の開発を目指す。

プロジェクト内容については,当該年度の活動報告書をご覧ください.

  • メンバー :
    古野 泰二(代表)
  • プロジェクト期間:
    2014年度プロジェクト [ 0年度〜2014年度 ]

本プロジェクトは終了しました

過年度研究プロジェクト

2021年度
2020年度
2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
Page Top