記載されている情報は、当センター離籍時点での情報です。
おおば しげる

大場 茂

Shigeru OHBA
文学部
  • 分野 :
    化学
  • 専門 :
    結晶化学
  • 学歴 :
    東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 (理学博士)
  • 所属学会 :
    日本結晶学会、日本化学会
  • 担当教科 :
    (日吉):化学Ⅰ・Ⅱ(実験を含む)、総合教育セミナー
    (三田):基礎化学、自然科学研究会

研究・教育

材料:

各種の結晶

水晶(ハーキマーダイヤモンド)
水晶中の原子配列 赤が酸素、青がケイ素原子
水晶のエアリースパイラル(旋光性による渦巻き模様)

テーマ:

有機結晶中の分子配列と固相反応

主要論文

  1. S. Ohba, M. Tsuchimoto & N. Yamada (2018) Investigation of nitro-nitrito photoisomerization: crystal structures of trans-{2,2’-[ethane-1,2-diylbis(nitrilomethylidyne)]diphenolato}(pyridine/4-methylpyridine) nitrocobalt(III). Acta CrysE74: 1759-1763 doi

  2. S. Ohba, M. Tsuchimoto & N. Yamada (2018) Investigation of nitro-nitrito photoisomerization: crystal structure of trans-chloridonitro-(1,4,8,11-tetraazacyclotetradecane-κ4 N,N’,N’’,N’’’)cobalt(III) chloride. Acta CrystE74: 1908-1912 doi

  3. S. Ohba, M. Tsuchimoto & H. Miyazaki (2018) Investigation of nitro-nitrito photoisomerization: crystal structures of trans-bis(acetylacetonato-O,O')(pyridine/4-methyl-pyridine/3-hydroxy-pyridine) nitrocobalt(III) Acta CrystE74: 1637-1642 doi

  4. S. Ohba, M. Tsuchimoto & S. Kurachi (2018) Investigation of solid-state photochemical nitro-nitrito linkageisomerization:crystal structures oftrans-bis(ethylenediamine)(isothiocyanato)nitrocobalt(III) salts: thiocyanate, chloride monohydrate, and perchlorate-thiocyanate(0.75/0.25). Acta CrystE74: 1526-1531 doi

  5. S. Ohba, M. Koura, H. Sumida & K. Shibuya (2016) Crystal structure of (S)-(+)-5-(3-bromo/chloro-4-isopropoxyphenyl)-5-methylimidazolidine-2,4-dione. Acta CrystE72: 184-187 doi

  6. R. Obata, S. Ohba, Y. Einaga & S. Nishiyama (2015) Crystal structure of 5,5′-dibromo-3,3′-di-tert-butyl-6,6′-dimethylbiphenyl-2,2′-diol. Acta CrystE71: o278-o279 doi

  7. 大場茂、向井知大 (2014) ナイロン66 のATR 法による赤外スペクトル測定実験 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学56: 21-34 関連リンク

  8. 大場茂、向井知大(2014) 「水晶ポイントのエアリースパイラルの観察」 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学No.55, 21-37 関連リンク

  9. R. Kobayashi, K. Hanaya, M. Shoji, S. Ohba & T. Sugai(2013) Synthesis of Okicamelliaside, a Glucoside of Ellagic Acid with Potent Anti-Degranulation Activity Biosci. Biotechnol. Biochem. 77, 810-813 doi

  10. S. Ohba, H. Okazaki, Y. Ueda, K. Hanaya, M. Shoji & T. Sugai (2013) (-)-Benzyl2,3-dideoxy-beta-D-erythro- hex-2-enopyranoside. Acta CrystE69, o1811 pdf

  11. 大場茂(2013) 『基礎化学入門 -化学結合から地球環境まで-』 (三共出版) 関連リンク

  12. 大場茂向井知大(2013) 「シンチレーションカウンターを用いたαとβ線の同時強度測定実験」 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学No.53, 45-59 関連リンク

  13. 大場茂、向井知大 (2013) 「ドライイーストの経年劣化によるアルコール発酵実験への影響」 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学No.54, 43-56 関連リンク

  14. 向井知大、 小畠りか大場茂(2012) 「無電解めっきとフォトレジストを用いた鏡の作成」 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学No.52, 19-35 関連リンク

  15. 大場茂向井知大(2011) 「化学発光の実験でのライトスティックの利用」 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学No.49, 1-18 関連リンク

  16. 小畠りか向井知大大場茂(2011) 中和滴定と酸塩基指示薬の可視吸収スペクトル 慶應義塾大学日吉紀要 自然科学50: 77-102 関連リンク

  17. 向井知大大場茂(2011) 「水素燃料電池自動車模型H-racerの使い方とその性能」 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学No.49, 19-36 関連リンク

  18. 向井知大小畠りか大場茂(2011) アセトアニリドの合成の実験条件とアニリンブラック 慶應義塾大学日吉紀要 自然科学50: 61-75

  19. 向井知大、大橋淳史、 大場茂(2010) 「アルコール蒸留の実験条件」 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学No.47, 41-61 関連リンク

  20. 向井知大大場茂(2010) 「青いフラスコの実験におけるメチレンブルーの脱色と分解」 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学No.48, 11-30 関連リンク

  21. 大場茂向井知大(2010) 「ルミノールとルシゲニンの化学発光の機構と反応条件」 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学No.48, 31-57 関連リンク

  22. Saitoh T., Shimada C., Takeiri M., Shiino M., Ohba S., Obata R., Ishikawa Y., Umezawa K., Nishiyama S. (2010) A new NF-κB inhibitor based on the amino-epoxyquinol core of DHMEQ. Bioorg  Med  Chem Lett20 (19): 5638-5642 doi

  23. 大橋淳史、福山勝也、 大場茂(2009) アルコール発酵の最適温度の測定 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学>45: 1-13 pdf

  24. 大場茂、大橋淳史 (2009) 右水晶と左水晶の区別 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学>46:13-41 pdf

著書

 1. 『結晶構造精密化SHELXLの使い方』(三共出版、2016年)(共著) 

 2. 『X線結晶構造解析入門 -強度測定からCIF投稿まで-』(化学同人、2014年)(共著) 

 3. 『基礎化学入門 -化学結合から地球環境まで-』(三共出版、2013年)(単著) 

 4. 『生命科学のための基礎シリーズ 化学』(実教出版、2002年)(共著) 

 5. 『物理化学演習』(裳華房、1999年)(共著) 

 6. 『X線構造解析』(朝倉書店、1999年)(共著) 

翻訳

 1. W.クレッグ 『X線結晶学入門』(化学同人、2017年) 

関連リンク

メンバー

所員

物理学

電気電子工学

システムデザインマネジメント学

化学

生物学

生命科学

数学

心理学

科学史

フランス語・フランス文学

地域研究

人文哲学

自然人類学

経済学

統計学

英文学

自然地理学

研究員/共同研究員/訪問学者

物理学

化学

生物学

心理学

天文学

科学教育

人間科学

理科教育学

Page Top