記載されている情報は、当センター離籍時点での情報です。

向井 知大

Tomohiro Mukai
文学部
  • 分野 :
    化学
  • 専門 :
    化学 (有機機能材料)
  • 所属学会 :
    日本化学会,電気科学会,日本液晶学会,分子科学会

主要論文

  1. 大場茂、向井知大(2014) 「水晶ポイントのエアリースパイラルの観察」 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学No.55, 21-37 関連リンク

  2. 大場茂向井知大(2013) 「シンチレーションカウンターを用いたαとβ線の同時強度測定実験」 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学No.53, 45-59 関連リンク

  3. 大場茂、向井知大 (2013) 「ドライイーストの経年劣化によるアルコール発酵実験への影響」 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学No.54, 43-56 関連リンク

  4. 小畠りか向井知大大場茂(2012) 「酢酸エステル類の合成の実験条件」 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学No.51, 31-42 関連リンク

  5. 大場茂向井知大(2011) 「化学発光の実験でのライトスティックの利用」 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学No.49, 1-18 関連リンク

  6. 小畠りか向井知大大場茂(2011) 中和滴定と酸塩基指示薬の可視吸収スペクトル 慶應義塾大学日吉紀要 自然科学50: 77-102 関連リンク

  7. 向井知大大場茂(2011) 「水素燃料電池自動車模型H-racerの使い方とその性能」 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学No.49, 19-36 関連リンク

  8. 向井知大小畠りか大場茂(2011) アセトアニリドの合成の実験条件とアニリンブラック 慶應義塾大学日吉紀要 自然科学50: 61-75

  9. 向井知大、大橋淳史、 大場茂(2010) 「アルコール蒸留の実験条件」 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学No.47, 41-61 関連リンク

  10. 向井知大大場茂(2010) 「青いフラスコの実験におけるメチレンブルーの脱色と分解」 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学No.48, 11-30 関連リンク

  11. 大場茂向井知大(2010) 「ルミノールとルシゲニンの化学発光の機構と反応条件」 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学No.48, 31-57 関連リンク

  12. MukaiT., Yoshio M., Kato T., Yoshizawa M., and Ohno H. (2005) Anisotropic Ion Conduction in a Unique Smectic Phase of Self-assembled Amphiphilic Ionic Liquids.  Chem Commun1333-1335 doi

  13. MukaiT., Yoshio M., Kato T., and Ohno H. (2005) Self-Assembled N-Al-kylimidazolium Perfluorooctanesulfonates Chem Lett 34: 442-443 doi

関連リンク

メンバー

所員

物理学

電気電子工学

システムデザインマネジメント学

化学

生物学

生命科学

数学

心理学

科学史

フランス語・フランス文学

地域研究

人文哲学

自然人類学

経済学

統計学

英文学

自然地理学

研究員/共同研究員/訪問学者

物理学

化学

生物学

心理学

天文学

科学教育

人間科学

理科教育学

Page Top