記載されている情報は、当センター離籍時点での情報です。

Tomohiro Mukai

  • Research Field :
    Chemistry

Selected Journal Publications

  1. 大場茂、向井知大(2014) 「水晶ポイントのエアリースパイラルの観察」 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学No.55, 21-37 関連リンク

  2. 大場茂向井知大(2013) 「シンチレーションカウンターを用いたαとβ線の同時強度測定実験」 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学No.53, 45-59 関連リンク

  3. 大場茂、向井知大 (2013) 「ドライイーストの経年劣化によるアルコール発酵実験への影響」 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学No.54, 43-56 関連リンク

  4. 小畠りか向井知大大場茂(2012) 「酢酸エステル類の合成の実験条件」 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学No.51, 31-42 関連リンク

  5. 大場茂向井知大(2011) 「化学発光の実験でのライトスティックの利用」 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学No.49, 1-18 関連リンク

  6. 小畠りか向井知大大場茂(2011) 中和滴定と酸塩基指示薬の可視吸収スペクトル 慶應義塾大学日吉紀要 自然科学50: 77-102 関連リンク

  7. 向井知大大場茂(2011) 「水素燃料電池自動車模型H-racerの使い方とその性能」 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学No.49, 19-36 関連リンク

  8. 向井知大小畠りか大場茂(2011) アセトアニリドの合成の実験条件とアニリンブラック 慶應義塾大学日吉紀要 自然科学50: 61-75

  9. 向井知大、大橋淳史、 大場茂(2010) 「アルコール蒸留の実験条件」 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学No.47, 41-61 関連リンク

  10. 向井知大大場茂(2010) 「青いフラスコの実験におけるメチレンブルーの脱色と分解」 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学No.48, 11-30 関連リンク

  11. 大場茂向井知大(2010) 「ルミノールとルシゲニンの化学発光の機構と反応条件」 慶應義塾大学日吉紀要、自然科学No.48, 31-57 関連リンク

  12. MukaiT., Yoshio M., Kato T., Yoshizawa M., and Ohno H. (2005) Anisotropic Ion Conduction in a Unique Smectic Phase of Self-assembled Amphiphilic Ionic Liquids.  Chem Commun1333-1335 doi

  13. MukaiT., Yoshio M., Kato T., and Ohno H. (2005) Self-Assembled N-Al-kylimidazolium Perfluorooctanesulfonates Chem Lett 34: 442-443 doi

People

Members

Physics

Aerospace Engineering

Electronics and Electrical Engineering

System Design and Management

Systems Engineering

Chemistry

Materials Science

Biology

Life Science

Bioethics

Physiology

Pedagogy

Mathematics

Psychology

Medicine

Experimental Psychology

English Literature

Economics

Philosophy

Area Studies

Physical Anthropology

French Language and Literature

History of science

Fellow Researchers

Physics

Science pedagogy

Astronomy

Chemistry

Biology

Science Education

Psychology

Page Top