記載されている情報は、当センター離籍時点での情報です。

片田 真一

Shin’ichi Katada
経済学部
  • 分野 :
    生物学
  • TEL :
    045-566-1330
  • 専門 :
    動物生態学
  • 学歴 :
    東京都立大学大学院理学研究科生物学専攻、博士(理学)
  • 所属学会 :
    日本動物行動学会、日本応用動物昆虫学会
  • 担当教科 :
    生物学(実験を含む)I、生物学(実験を含む)II

研究・教育

材料:

社会性カリバチ類(アシナガバチ、スズメバチ) (Social wasps: genus Polistes, Parapolybia, Vespa)

ツマグロスズメバチの成熟巣(西表島)。春に創設された巣は秋までに200~400匹ほどの働き蜂が羽化し、200~300匹(多いときには900匹以上)の繁殖虫が生産される。
個々体の遺伝子型(マイクロサテライト遺伝子座の多型)から、巣内の血縁構造を探る(写真はムモンホソアシナガバチParapolybia indicaのマイクロサテライト遺伝子座の電気泳動像。文献2)。

テーマ:

社会性カリバチのコロニー内繁殖構造、巣内メンバーの社会関係、社会性の維持機構、など

主要論文

  1. 秋山豊子、宮本康司、池田威秀、四宮愛、 片田真一(2009) 西表島実験授業報告II―未来先導基金公募プログラム、野外に飛び出せ フィールドワーク「慶應義塾 夏の学校」の取り組みとして― 慶應義塾大学日吉紀要自然科学45: 31-53 関連リンク

  2. 片田真一 (2009) 新しい生物学学生実験の開発I-仮説検証的要素をもったミジンコの観察- 慶應義塾大学日吉紀要自然科学45: 55-68 関連リンク

  3. Martin SJ, Takahashi J., and Katada S. (2009) een condition, mating frequency, queen loss, and levels of worker reproduction in the hornets Vespa affinis and V. simillima. Ecological Entomology34: 43–49 doi

  4. 秋山豊子、宮本康司、池田威秀、 片田真一(2008) 西表島実験授業報告、「自然科学科目の新しい取り組み」として 慶應義塾大学日吉紀要自然科学43: 13-38 関連リンク

  5. Katada S., Suzuki T., and Tsuchida K. (2007) Application of microsatellite primers for the social wasp Polistes to another social wasp genus, Parapolybia, to estimate genetic relationships among nestmates. Entomological Science10: 1-5. doi

趣味

釣ったものを食べる。採ったものを食べる。

モットー

まずは、捕まえてみる。

関連リンク

メンバー

所員

物理学

電気電子工学

システムデザインマネジメント学

化学

生物学

生命科学

数学

心理学

科学史

フランス語・フランス文学

地域研究

人文哲学

自然人類学

経済学

統計学

英文学

自然地理学

研究員/共同研究員/訪問学者

物理学

化学

生物学

心理学

天文学

科学教育

人間科学

理科教育学

Page Top