現在のページはHOMEの中のギャラリーの中の画像ギャラリーのページです。

画像ギャラリー

  • 画像あり
  • 画像なし
三井 隆久&青木 健一郎:眼球表面の非接触分子運動計測三井 隆久&青木 健一郎:エポキシ接着剤表面の非接触分子運動計測三井 隆久:アナログ集積回路のICプローブによる測定。赤は電力を多く消費している部分三井 隆久:CMOS集積回路のICプローブによる測定金子 洋之:イトマキヒトデ(Asterina pectinifera) 初期原腸胚向井 知大:スメクチック液晶相の偏光顕微鏡写真古川 亮平:培養下に単離したヒトデ胚の間充織細胞金子 洋之:棘皮動物イトマキヒトデ Asterina pectinifera小林 宏充:磁場を印加しない場合の液体金属ダクト流れの乱流構造小林 宏充:局所磁場を印加した液体金属ダクト流れの乱流構造小林 宏充:一様等方性乱流中の渦構造金子 洋之:イトマキヒトデ (Asterina pectinifera) 中期原腸胚 間充織細胞小林 宏充:平行平板間チャネル乱流中の渦構造
金子 洋之:イトマキヒトデ(Asterina pectinifera)成体原基に形成される骨片新田 宗土:ドメイン壁接合の厳密解(エネルギー密度)松本 緑:プラナリア人為的有性化個体とその複合卵新田 宗土:スピノール・ボーズ・アインシュタイン凝縮における結び目ソリトン新田 宗土:スピノール・ボーズ・アインシュタイン凝縮における非可換渦糸新田 宗土:Dブレーン・ソリトンの厳密解新田 宗土:あやとりソリトン(厳密解)新田 宗土:ドメイン壁ネットワーク(蜘蛛の巣)の厳密解(エネルギー密度)新田 宗土:Dブレーン・ソリトン(厳密解)新田 宗土:アメーバ・ソリトン新田 宗土:アメーバ・ソリトン(左)とそのトロピカル極限(右)金子 洋之:イトマキヒトデ(Asterina pectinifera)のブラキオラリア幼生倉石 立:モミジガイ(Astropecten scoparius)ビピンナリア幼生
倉石 立:モミジガイ(Astropecten scoparius)後期ビピンナリア幼生倉石 立:イトマキヒトデ(Asterina pectinifera)幼稚体大場 茂:水晶中の原子配列 赤が酸素、青がケイ素大場 茂:水晶球のエアリースパイラル(2重渦巻き模様)大場 茂:水晶(ハーキマーダイヤモンド)大場 茂:水晶のエアリースパイラル(旋光性による渦巻き模様)下村 裕:ゆで卵を含む任意の高速回転軸対称物体の運動方程式鈴木 忠:オニクマムシ Milnesium tardigradum の親(右)とその脱皮殻の中の卵(左)鈴木 忠:乾燥するにしたがって「樽」へ変身するオニクマムシ鈴木 忠:コケの葉の上を歩くオニクマムシ Milnesium tardigradum鈴木 忠:オニクマムシ Milnesium tardigradum は脱皮する前に 古いクチクラの中で産卵する杉本 憲彦:f 平面浅水系における非線形数値実験による流れ場のスナップショット 杉本 憲彦:地球大気を簡略化した数値モデルにおいて、ジェット気流(左)から放射される大気重力波(中)の様子
古野 泰二:AFM用スーパーティップ古野 泰二:ストレプトアビジン2次元結晶膜古川 亮平:蛍光ラベルしたイトマキヒトデ精子(赤)とウニ精子(緑)古川 亮平:間充織細胞の移植実験古川 亮平:ホスト個体内で共存する移植された間充織細胞古川 亮平:培養間充織細胞の多核凝集体古川 亮平:生理条件下で上皮細胞の残渣を貪食する間充織細胞

ページの先頭へ