現在のページはHOMEの中のイベント・ニュースの中の第30回 サイエンス・カフェのページです。

2015.12.12第30回 サイエンス・カフェ 終了

日時 2015年12月12日 ( 土 )  13:30〜15:30
会場 日吉キャンパス 来往舎 1 階シンポジウムスペース
主催 慶應義塾大学 自然科学研究教育センター
内容 バードウォッチング:鳥を見分けるポイントとその作られ方
講師 小野 裕剛 法学部・専任講師・博士(理学)・生物学担当
参加費 無料
対象 小学生以上(ただし,小学生の場合は保護者同伴)
定員 50名

このイベントは終了しました。

講演要旨

バードウォッチングの楽しみ方のひとつに鳥の種類を見分けること(識別)があります。識別には大きさ・体型・声・動きなどたくさんの情報を駆使しますが、なんといってもその美しい羽毛が第一のポイントとなるでしょう。様々な色彩・模様の鳥がいますが、よく見ると模様の配置には一定の法則がありそうです。私は識別ポイントにもなる眉斑(目の上の淡色の帯)について研究しているので、今回はその一部を簡単に紹介します。その後は葉が落ちて見通しが良くなったキャンパス内(蝮谷)で実際にバードウォッチングを楽しみます。目立つ眉斑を持った鳥が見られるかな?

プロフィール

  • 小野 裕剛

    法学部・専任講師・博士(理学)・生物学担当

    バードウォッチングは中学生の頃から40年近く続けています。大学生の頃は鳥を追い求めて日本全国をめぐりました。研究テーマとしては長年マウスの毛の色を扱ってきましたが、鳥類の方がカラフルかつ実験動物として扱いやすいので、最近はウズラを使うようになりました。また、慶應義塾では公認サークル「野鳥の会」の会長(顧問)を努めています。今回のサイエンスカフェではサークル所属の学生たちにも案内役に加わって貰います。


センター主催のシンポジウム・講演会について

当センターの活動の一環として、シンポジウム・講演会を年3〜4回程度開催しています。その目的は、多分野にまたがる自然科学の相互理解を深め、研究の推進と教育の質の向上を図ることにあります。参加費は無料です。聴講の対象も制限はありません。特に指定のない場合、事前申込は不要です。ただし、取材の場合は事前に許可を取って下さい。

天災・交通事情など予期せぬ事態により変更・中止となる場合がございます。
その場合、本ウェブサイトで告知しますので、事前にご確認下さい。


問合せ先:慶應義塾大学 自然科学研究教育センター 事務局 (日吉キャンパス来往舎内)
〒223-8521 横浜市港北区日吉 4-1-1
Tel: 045-566-1111(直通) 045-563-1111(代表) 内線 33016
recns_mailaddress

ページの先頭へ