現在のページはHOMEの中のメンバーの中の松浦 壮のページです。

メンバー紹介

松浦 壮 So Matsuura

松浦 壮

分野 物理学
専門 素粒子物理学
所属学部 商学部
学歴 京都大学大学院理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻(理学博士)
所属学会 日本物理学会
担当教科 物理学Ⅰ:「自然現象の本質へ」
物理学Ⅱ:「相対性理論と量子論〜新時代の世界観〜」
総合教育セミナー(Ⅰ類):「人生を科学する」
連絡先 TEL:045-566-1315
matsuura_mailaddress

研究・教育

超弦理論と数値シミュレーションによる超対称ゲージ理論の解析

主要論文

  1. Matsuura S., Misumi T., Ohta K. (2014) Exact Results in Discretized Gauge Theories. PTEP

    arxiv(論文アーカイブサーバにアップロードされた論文掲載ページへの外部リンク)
  2. Matsuura S., Misumi T., Ohta K. (2014) Topologically twisted N = (2, 2) supersymmetric Yang-Mills theory on an arbitrary discretized Riemann surface . PTEP12,123B01

    arxiv(論文アーカイブサーバにアップロードされた論文掲載ページへの外部リンク)
  3. Matsuura S., Sugino F. (2014) Lattice formulation for 2d = (2, 2), (4, 4) super Yang-Mills theories without admissibility conditions. JHEP04 088

    arxiv(論文アーカイブサーバにアップロードされた論文掲載ページへの外部リンク)
  4. Hanada, M, Matsuura S., Sugino F. (2011) Non-perturbative construction of 2D and 4D supersymmetric Yang-Mills theories with 8 supercharges. Nucl.Phys. B857 335-361

    arxiv(論文アーカイブサーバにアップロードされた論文掲載ページへの外部リンク)
  5. Hanada, M, Matsuura S., Nishimura J., Robles-Llana D. (2010) Nonperturbative studies of supersymmetric matrix quantum mechanics with 4 and 8 supercharges at finite temperature. JHEP 02 060

    arxiv(論文アーカイブサーバにアップロードされた論文掲載ページへの外部リンク)
  6. Hanada, M, Matsuura S., Sugino F. (2010) Two-dimensional lattice for four-dimensional N=4 supersymmetric Yang-Mills . Prog.Theor.Phys. 126 597-611

    arxiv(論文アーカイブサーバにアップロードされた論文掲載ページへの外部リンク)
  7. Matsuura S. (2008) Instanton Counting and Dielectric Branes. J High Energy Phys 09:083

    arxiv(論文アーカイブサーバにアップロードされた論文掲載ページへの外部リンク)
  8. Matsuura S. (2008) Two-dimensional N=(2,2) Supersymmetric Lattice Gauge Theory with Matter Fields in the Fundamental Representation. J High Energy Phys 07:127

    arxiv(論文アーカイブサーバにアップロードされた論文掲載ページへの外部リンク)
  9. Damgaard P. H. and Matsuura S. (2008) Geometry of Orbifolded Supersymmetric Lattice Gauge Theories. Phys Lett B661:52-56

    arxiv(論文アーカイブサーバにアップロードされた論文掲載ページへの外部リンク)
  10. Matsuura S.and Ohta K. (2006) Localization on the D-brane, two-dimensional gauge theory and matrix models. Phys Rev D73: 046006

    arxiv(論文アーカイブサーバにアップロードされた論文掲載ページへの外部リンク)
  11. Fukuma M., Matsuura S. and Sakai T. (2003) Holographic Renormalization Group. Prog Theor Phys 109:489-562

    arxiv(論文アーカイブサーバにアップロードされた論文掲載ページへの外部リンク)

趣味

合気道、古流剣術、水泳、クラシックギター

ページの先頭へ