現在のページはHOMEの中の教育プロジェクトの中の文系学生実験の中の生物学実験の中のゾウリムシの飼育法のページです。

ゾウリムシの飼育法

はじめに

ゾウリムシは、薄めた麦茶やウーロン茶でも比較的簡単に飼育することができるが、研究の現場では、稲わら培養液やレタスジュース培養液が用いられる。ここでは、稲わら培養液とレタスジュース培養液による飼育方法を記述する。

稲わら培養液による飼育法

材料

  • ゾウリムシ(Paramecium caudatum
  • 稲わら:無農薬のものが望ましい。

器具

  • または、ビーカー
  • 培養瓶:三角フラスコなど
    (コーヒーの空きビンなどでも良い。)

手順

  1. ゾウリムシ培養液の調整法
    1. 稲わら5本程度を約8 cm程度に切る。
    2. 1000 mlの蒸留水が入った鍋に切ったわらを入れる。
    3. 鍋を火にかけ、15分沸騰させる。
    4. 完全に冷ます。
       
  2. ゾウリムシの植え継ぎ
    1. 約300 mlの容器に冷ました培養液を200 ml入れる(注1)。
    2. ゾウリムシの懸濁液1-2 ml(注2)を、i の培養液に入れる。
    3. 蓋(注3)をして、直射日光のあたらない室温で培養する(図1)(注4)。
    4. ゾウリムシを維持する目的ならば、1〜3か月に1回の頻度で植え継ぐ。
      実習などで、大量にゾウリムシが必要な場合には、必要な日の2週間前くらいに植え継ぐとよい。

(lightboxで画像ウインドウが開きます)mparamefig1.jpg

図1.稲わら培養液による飼育

ポイントやトラブルシューティング

  • 注1:ゾウリムシの餌となるバクテリアの繁殖のために、稲わらを入れたまま培養液として使用する。
  • 注2:負の走地性のため、水面近くの培養液に、ゾウリムシが集まっているので、この部分をゾウリムシ懸濁液として植え継ぐ。
  • 注3:密閉せず、通気性のよい状態を保つため、スポンジや紙で蓋をする
  • 注4:増殖最適温度は、26℃といわれているが、維持する目的なら、室温で増殖した後、10℃くらいの低温で維持する。

レタスジュース培養液による飼育法

材料

  • ゾウリムシ(Paramecium caudatum
  • エサ用バクテリア 桿菌 (Klebsiella pneumoniae
  • レタス:無農薬のものが望ましい。
  • CaCO3
  • グルコース
  • アガロース
  • イーストエクストラクト

器具

  • :レタスをゆでる時に使用。
  • ピンセット、箸:レタスをゆでる時に使用。
  • 濾紙、キムワイプ®
  • ビニール袋
  • 乳棒・乳鉢:乾燥レタスを粉末にする時に使用。
  • 乾燥剤
  • 培養瓶:三角フラスコなど
  • 三角フラスコ:寒天培地、ゾウリムシ培地作成時に使用。
  • オートクレーブ
  • オーブン
  • 滅菌シャーレまたは、栓つき滅菌試験管:バクテリア培養用
  • 白金耳:バクテリア植え継ぎ用

手順

1. 乾燥レタス粉末の調整法

  1. レタスの葉は、変色した部分や硬く白い部分は除き、よく洗う。
  2. 沸騰水で、30〜60秒茹で、すぐに冷水にとり、その後、水気を切る。
  3. 水切りした葉は、濾紙の上に1枚ずつ丁寧に広げ、キムワイプ®等で水分をふき取る。
  4. 濾紙ごと120℃のオーブンに入れ、焦がさないように完全に乾燥させる。(注5)
  5. 乾燥した葉は、乾いたビニール袋に入れ、よくもんで粉にする。さらに、乳棒と乳鉢で細かい均一な粉末する。
  6. 乾燥剤を入れた容器に入れて室温で保存する(図2)(注6)

(lightboxで画像ウインドウが開きます)mparemefig21.jpg

図2.乾燥レタス粉末 保存瓶と粉末

2. レタスジュース培養液の調整法

  1. 1ℓのフラスコに700〜800mlの蒸留水と乾燥レタス粉末0.5gを加え、加熱し、5分沸騰させる。
  2. CaCO3少量(耳かき1杯程度)を加え、蒸留水で1ℓにメスアップする。
  3. アルミ箔で蓋をして、オートクレーブ(121℃、15分)で滅菌する(図3右)。

 

図3.レタス培養液とKlebsiella pneumoniae 培養プレート・白金耳

3. 桿菌(Klebsiella pneumoniae )の培養法

  1. アガロース20g、グルコース0.16g、イーストエクストラクト4g(注7)を800mlの水に溶かし、121℃15分 オートクレーブにかけ、寒天培地を作る。
  2. 滅菌したシャーレや試験管に寒天培地を分注し、固める。試験管を使用する場合は、試験管の高さの半分くらいまで寒天培地を注ぎ、寒天が固まる前に、試験管の口のほうをやや高くして、横に倒し、スラントをつくる。
  3. クリーンベンチ内で、K. pneumoniaeを白金耳で寒天面に塗布し室温で培養する(図3左)(注8,注9)。
     

4. ゾウリムシの植え継ぎ

  1. 餌バクテリアとしてK. pneumoniaeの培養容器にゾウリムシ培養液を少量加え、バクテリアを洗い流すようにして、バクテリア懸濁液を作る。
  2. レタスジュース培養液に、バクテリア懸濁液とゾウリムシを入れる。
  3. 蓋をして、直射日光のあたらない室温で培養する。
  4. ゾウリムシを維持する目的ならば、1〜3か月に1回の頻度で植え継ぐ。実習などで、大量にゾウリムシが必要な場合には、必要な日の2週間前くらいに植え継ぐとよい。

ポイントやトラブルシューティング

  • 注5:オーブンでの乾燥は、場所によって温度ムラがでるため、5〜10分置きに場所を移動させながら、乾燥状態をチェックする。普通10〜30分くらいで乾燥する。
  • 注6:温度差があると湿気を帯びやすいので、室温で保存する。
  • 注7:K. pneumoniaeは、最低培地で育つので、グルコースと無機塩類が含まれていればよい。
  • 注8:乾燥に気をつけて、室温で培養し、2〜3か月ごとに植え継ぐとよい。
  • 注9:K. pneumoniaeを培養した培地は、オートクレーブにかけ滅菌後、廃棄する。

参考文献

重中義信 監修 (1988) 原生動物の観察と実験法、共立出版

印刷用PDFマニュアル

ゾウリムシ飼育法  pdf (295KB)

ページの先頭へ